読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。

着想 11 : 収納用品を手放す際の注意点 について

 

f:id:tebanasu:20160501133345j:plain

 

大きな収納用品を手放す際に

気をつけていることがあります。

 

 

それは

収納していた中のモノの

次の居場所は、確保できているか?

です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大きな洋服ダンスや、収納用品を

先に手放してしまい

中に入っていた細々したモノの

次の居場所がなく、

結果的に出しっぱなしになってしまい

視覚的にごちゃごちゃしているなぁ

と感じるときがあります。

 

いろいろと思案した結果、

スッキリ感は、視覚に入る情報を減らすことで

得ることができる

と気づいたので、無理に大きな収納用品は

手放さなくてもよいかなと思うようになりました。

 

なので、正しい手順としては

「細々したモノを手放していった結果、

 収納用品すら必要なくなったので手放した。」

 

大きいモノを先に手放すと

気持ち的には、スッキリ感が大きいので

注意が必要ですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

このことについては

この度、自分が秋冬服と春夏服を

衣替えする際に感じたことでもあります。

 

秋冬服は収納するにも

夏服に比べ、厚みがあります。

薄い夏服で収まっていたスペースに

厚みのある冬服を収めようとすると

パンパンです。(悲)

 

そのことを考えず、冬の時期に

衣装ケースを早々に手放してしまった

自分への戒めとして(笑)

これを記録しています。