手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。

日常 1 : 懐かしい風景を歩く

 

先日、購入したこの本。

『神戸、書いてどうなるのか』(安田謙一 著)

f:id:tebanasu:20160815135953j:plain

https://www.amazon.co.jp/神戸、書いてどうなるのか-安田-謙一/dp/4835628535/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1471237234&sr=1-1&keywords=神戸+書いてどうなるのかwww.amazon.co.jp

 

 

神戸はなにかと「おしゃれな街」

みたいなイメージですが、

それだけではない、地元民のための神戸の楽しみ方を

この本によって知り、気になった街を

数回にわけて実際に歩いてきました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

新開地〜湊川公園の風景

 

カコンカコンと心地よい音が響く

地下通路メトロこうべにある卓球場。

f:id:tebanasu:20160815140633j:plain

 

 

新開地駅の近く。

小ぶりだけど、しっかりした味。

春陽軒の豚まん。

f:id:tebanasu:20160815140750j:plain

 

 

商店街やショッピングセンターを歩くと

昭和世代には懐かしい空気。

f:id:tebanasu:20160815145129j:plain

f:id:tebanasu:20160815142225j:plain

f:id:tebanasu:20160815145024j:plain

 

 

はらドーナッツの本店が

こちらのようです。

f:id:tebanasu:20160815145327j:plain

 

 

休憩スペースとか

イベント広場っぽいところ。

f:id:tebanasu:20160815141722j:plain

 

 

地元民に大人気の稲田串かつ

ソースは二度付け禁止なので

たっぷりソースをつける。

床に敷いたダンボールに

つけたソースをボタボタ落としつつ

串かつ食べ、

f:id:tebanasu:20160815140832j:plain

 

 

2軒となりにある

鼻知場商店ひやしあめを。

(レモン水もスッキリおいしい)

f:id:tebanasu:20160815141333j:plain

 

 

キャラクターと、看板のフォントが愛らしい

ルビアンコーヒーでコーヒー豆を購入。

f:id:tebanasu:20160815142803j:plain

 

 

果物店の横にある

喫茶 東山でミニパフェを。

f:id:tebanasu:20160815143152j:plain

 

 

歴史ある純喫茶 エデン

f:id:tebanasu:20160815143454j:plain

 

歩くと木の床がミシミシと

心地よい音を立て、

煙草とコーヒーの香りが入り交じる店内は

地元のおばさま達の憩いの場で

想像していたより賑やかでした(笑)

f:id:tebanasu:20160815143611j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

わざわざ遠方に出かけなくても

近場の知らない土地で十分に楽しめることを

教えてもらえた一冊です。

 

今回訪れた場所は、生まれ育った土地でも

馴染みの場所でもありません

ただ、昭和の空気感というものだけで

勝手に懐かしさを感じ、幸せな気持ちになりました。

そう考えると、「昭和世代で良かった」と思います。

 

ちなみにこの本のタイトルは

この曲から。

www.youtube.com

 

カラオケで歌えるくらい

聞き込んで(聞き惚れて?)しまった。

 

そして、もうひとつ。

内山田洋とクールファイブ』は

内山田洋リードボーカルではない。

という事実も初めて知りました、とさ。