読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。

着想 12 : 衣服のお直し について

 

f:id:tebanasu:20161030173157j:plain

 

購入して、しばらく使用して

「あ、思ってる感じとちがう」

と、シルエットの違和感に気づいてしまい

その後は引き出しにしまっていました。

およそ1年はしまっていたかな。

 

1年も履いていないし

手放そうと思っていましたが

質も(お値段も?)自分にとっては

けっこうよいものだったので

結局は手放せずにいました。

 

 

そこで、解決方法として

「お直し」を選択しました。

 

野暮ったい印象のストレートパンツを

裾巾を少し狭めて、

きれいな印象のテーパードパンツに。

かかった費用は3,024円

 

このパンツを手放し、

新しくパンツを探して

買い直すことを考えれば

「お直し」したほうがラクちんで

安くついてよかったです。

 

色違いでもう1本持っているので

続けてそちらも「お直し」に出してきました。

 

 

「手放す」ことは、それと同時に

「何を残し、どう活かすか」

大事なんだな、と改めて思いました。