読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。

着想 16 : 読書習慣 について

着想

 

図書館で借りた本というのは

身銭を切っていないせいか、

日が経つにつれ読まなくなり、

3分の2、ひどい時は

3分の1くらいまでしか読めず、

返却することが常でした。

 (お恥ずかしい)

 

それを改善する気にさせてくれたのが

この本でした。

『大人のための読書の全技術』(齋藤 孝 著)

f:id:tebanasu:20170109181422j:plain

 

けっこうなページ数ですが

数時間で一気に読みました。

 

ぼくは、小説よりも身になる実用書や

自己啓発書が好きなので

感情移入してじっくり読むというより、

情報を取り込むという目的で

読書をしています。 

 

今後、借りた本は

まずは、テンションが高い日のうちに

一気に読むことにしようと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こちらはお金に関する本ですが、

ミニマリスト的思考が反映されていて

おもしろかったです。

『貯められる人は、超シンプル』(横山光昭 著)

f:id:tebanasu:20170109183432j:plain

内容を自分に照らし合わせて読むと、

自分はしっかりした感覚を持っている、

と判明して安心しました。 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

本は、買って読み込むほうが

自己投資としてはよいというのは

理解しています。しかし現在は

買う1:借りる9

くらいの割合ですね(笑)

 

自分の生活スタイルや

家計にあわせて

バランスをとりつつ、

読書習慣と向き合っていくつもりです。