手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。日常の雑記。

日常17:親知らずの抜歯 その後

 

以前、親知らずの抜歯手術をしました。

親知らずと言っても

歯茎に完全に埋まっている「埋伏智歯」です。

tebanasu.hatenablog.com

tebanasu.hatenablog.com

 

退院してから、右側の頰(顎)が

ずっと痛くて

「これって失敗したんじゃないか」とか

「神経を傷つけられたのでは?」と

モヤモヤ過ごしていました。

 

痛み止めを毎日3回服用し

顎は指2本ほどしか開かず、食事はおかゆや雑炊のみ。

右の首筋はつっぱるし、頰の口内側も腫れて痛い。

知覚過敏も上下左右の奥歯付近に発生し

気分は最悪。

どんどんひどくなっていく状況に

正直、後悔しはじめました。

 

経過の診察などはなく

「退院後、なにかあったら来てください」

ということだったので、

平日に病院へいくため、休日出勤で仕事をし

いざ病院へ行こう、とした前日に

突然痛みがなくなりました(笑)

 

抜歯手術から10日目のことです。

 

それに伴って、どんどん腫れもひき

首のつっぱりも治っていき

知覚過敏もなくなり

口も開くようになり

元に戻りました。  

口内の違和感はまだありますが

これは日にち薬でしょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

親知らず抜歯後、不安でいっぱいの方が

もしこの記事を読んで

少しでも不安が解消されればと思い

残しておきます。

 

口臭がきつい、発熱があるなど

ここにない症状の方は、すぐ病院へ。

感染症や炎症の恐れがあります)