手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。日常の雑記。

着想43:住宅購入 について

 

「家を買おうか」と真剣に思い始めています。

(ペット可の賃貸物件は思いのほか少ない...)

  

猫と暮らし始めて、この子(猫)が生きている

15〜20年くらいはせめて広い部屋で

のびのびとさせたい(自分もですけど)と

思うのです。

f:id:tebanasu:20200224165017j:plain


 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

自分なりにネット検索したり、

図書館で本を借りたりして調べていくと

いろいろと見えてくるものがありました。

 

よく言われるのは

「毎月の支払いが家賃と同じ金額なら

 買ってしまったほうがいい」

 

いえいえ

購入時にものすごくお金がかかります。

仲介手数料 はもちろん

保険料 だったり 登記費用 だったり。

あと、不動産取得税印紙税 など

「税」とつくものがもろもろ...。

それら諸費用として物件価格の

約1割くらいかかるそうです。

(2,000万円とすると200万円!)

 

国は マイナス金利政策 や

住宅ローン控除すまい給付金 など

家を購入することを促していますが

購入時にかかる税金はもちろん、

購入後ずっと続く

固定資産税都市計画税 を狙っているのでは?

とさえ思ってしまいます。 

  

マンションの 住宅ローン控除 対象の物件だと

50平米以上 とか 築25年以下 とか条件があり

その条件を満たす物件で探すと

物件価格自体がけっこう上がります。

ローン返済額のほかマンションの場合、

管理費 修繕積立費 が毎月かかってきます。

  

  

そんなこんなで、住宅購入について

調べれば調べるほど住宅購入が

遠のいていっているような...。

(買いたいのに)

 

2020年という年は

120年ぶりに民法改正があったり

夏には東京五輪があったり

住宅に関してはかなり状況が変わる年になるそうなので

もう少し悩みつつも静観しようと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

こういうことを話題にすると

「家は負動産だ」

「今後空き家率が上がるのに!」

なんてマウントを取ろうとする人もいます(笑)が

人それぞれの生活スタイル・人生観があるので

「なにが正解(幸せ)か」なんて

当の本人しかわからないことですからね。