手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。猫と暮らすおじさんの日常。

着想48:『捨てる贅沢』を読んで

 

久しぶりに ドミニック・ローホー氏 の

本を読みました。

f:id:tebanasu:20200717101630j:plain

 

数年前に読んだ『シンプルに生きる』には

まだミニマリストという言葉や

概念が登場していませんでしたが、

(記憶違いだったらすみません)

2019年に発売されたこの『捨てる贅沢』には、

さすがミニマリストについて触れていました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

端的に言えば、この方は

ミニマリスト否定派 ですね(笑)

モノを減らすことを推奨はしているものの

極端に減らすことには否定的です。

 

 シンプルな生き方とは

・すべてを自分に禁じたり、断ったりはしない。

・四方を何もない壁に囲まれて暮らすことや、

 森の奥の掘っ立て小屋で暮らすことではない。

・「買う」ことを(それがどんなものでも)拒まない。

・金銭を軽視しない。

・セーター1枚と靴下2組で暮らしなさい、というものではない。

・自宅に装飾品が何もない、祖母からの思い出の品も皆無、

 というものではない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

まぁ、正解は人それぞれですからね。

 

 

ぼく自身はもう、そういったことに

こだわらなくなってきてます(笑)

ミニマリストだから」とか

シンプルライフのために」とかで

行動や思考(嗜好)を制限されるのは

手段が目的になっている気がするので。

 

「自分の基準(価値観)を持つ」ことが

大事ということでしょう。

 

興味のある方はぜひ読んでみてください。