手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。猫と暮らすおじさんの日常。

結果91:オーダーメイド枕を作った

 

友人からもらった「まくら券」で

オーダーメイド枕を作りました。 

 

f:id:tebanasu:20200813154016j:plain

 

tebanasu.hatenablog.com

 

もらったのは昨秋。

ずっとほったらかしにしてたのですが

もっと早くに作りに行けばよかったと感じるほど

睡眠が快適になりました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

お店はここ。

pillowstand.com

 

手順はこんなカンジでした。

 

1.  簡単なアンケートによるカウンセリング

体調や寝具について聞かれます。

このところ起床後は、体がギシギシした感じで、

寝た後なのに疲れていたりしました。

首から右肩にかけても痛みがあったり。

寝具については、使用しているベッドのことや

ここ10年枕なしで寝ていることも伝えました。

 

2.  計測

後頭部〜首〜背中あたりにアナログな器具を当て

曲線を作って計測。

ぼくはめったにいないくらいの曲がりっぷりで

スタッフが驚きと興奮(笑)ではしゃいでました。

(あっ、スタッフは50代くらいの女性です)

「これで枕なしで10年なんて!」みたいな。

f:id:tebanasu:20200813153029j:plain


3. 中に入れる素材の説明

ふわふわしたモノからそば殻まで。

「まくら券」のレギュラーコースの場合は

6種類から選べますが、ぼくの首の形状から

3つにまでスタッフが候補を絞ってくれました。

その素材を指でつまんだり押して確認。

 

4. テスト用枕で実際に横になり確認

絞られた3つの候補の素材が入っている

3種類の枕で寝心地を確認。

洗濯もできてほどよい硬さがある素材を

選択しました。

 

5. 高さ調整

中の素材を少しずつ足したり

減らしたりしながら

自分が心地よく感じるよう調整してくれます。

 

6. 完成品をその日に持ち帰り

後日に発送とかではなく

その日のうちに持ち帰れました。

 

時間は1時間でしたが、あっという間でした。

予約制ですが、みっちり予約が入っていて

人気のようです。

 

コロナの影響により家で過ごす時間が増え、

生活を見直す人が増えているのでしょうか。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

使用後も、調整が必要と感じた場合は

予約すれば対応してもらえるので安心です。

 

使用してまだ3日ですが

寝起きの顔のむくみも取れ、

体のギシギシ感もなく、

首から右肩にかけての痛みも和らいでいき

すごく体調がよいです。 

 

加齢とともに、寝ているときの体への負担が

体調不良を引き起こすようになってきていましたが

それも解消されそうです。

 

人生の3分の1は睡眠なので

もっと寝具にこだわってもいいかな

と思うようになりました。

(キッカケをくれた友人に感謝)