手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。猫と暮らすおじさんの日常。

結果94:ギターを手放した

 

思い出の詰まったギターを

手放しました。

 

思い出の詰まった、とは言うものの

ケースに入ってクローゼットの隅で

数年ホコリをかぶったまま放置され

悲しい存在になっていました。

本当にギターには申し訳ないと感じます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

GREEN DAY に憧れて

若気の至りでステッカーを貼りまくり

日焼けとタバコのヤニで

純白だったボディは黄ばみまくる。

その結果、中古品としても売りに出せない状態に。

長年の放置により、各部にはサビも出てきており

「これは自分の手で送りだそう」と決意。

 

普通なら、大型ゴミ処理シールを購入して貼り

指定のゴミ集積場へ指定された日の朝に出せば

市が回収してくれます。

それが一番手取り早い方法ですが

回収までの間に誰かに持って行かれる可能性も

なきにしもあらず。それはそれでイヤなので

大型ゴミ処理センターまで、

車で1時間かけて行ってきました。

 

向かう道中は久しぶりに GREEN DAY を聴きながら。

www.youtube.com

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ゴミ処理センターでギターを手放すときに

ゴミの山の中にドラムセットもあったので

うちのギターは仲間を見つけ、寂しくないだろうと

勝手に想像してしまった。

向こうの世界で、そのドラムセットとセッションでもして

楽しくやってくれてると信じたい。

 

本当にありがとう。

 

f:id:tebanasu:20201015185647j:plain

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ちなみに、ギターはもう1本所有しているので

気が向いたときに手に取って

オーディエンス(猫)に向かい

ロックスターごっこしてます。

(もちろん猫は逃げよるがな)