手放す。

手放すモノの記録とそれらにまつわること。猫と暮らすおじさんの日常。

結果102:確定申告に挑戦した

 

先日、有休を利用して

確定申告相談へ行きました。

 

予約制で、時間は30分ごとの区切りだったのですが

気づいたら50分くらいかかっていました。

相談というより、確定申告書のPC入力の

補助をしてくれて一緒に書類を作成する、

といった感じ。

(係員のおじいさん、ありがとう)

 

ひと通り入力でき

プリントアウトもしてもらったのですが、

最後の最後に係員さんが

「あっ!ふるさと納税分の

 寄附金控除を入力し忘れた!

と気づき、結局後日、

自宅で自分一人でやり直すことになりましたが、

これはこれで復習みたいになり

勉強になったのでよかったです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分は会社員だし、

証券口座は特定口座(源泉徴収あり)だし

確定申告の必要はないだろうと

のんびりしていたのですが

この度、確定申告する必要が出てしまいました。

 

昨年初めて ふるさと納税 をしました。

それは ワンストップ特例制度 を申請したので

よかったのですが...。

 

保有していた NTTドコモ (たった5株!)が

公開買付(TOBとやらになりまして。

NTTドコモ 上場廃止

NTT さんが「あんたらの持ち株、買取まっせー」って

波があったのですが、乗り遅れて

期限がきて、強制買取ということで。

(このあたりの説明はうまくできません...)

 

たった5株ですが、利益が出てしまいまして。

(利益と言っても3,000円ちょっと)

この利益は特定口座に入るものではありません。

20万円以下なので、本来なら確定申告不要なのですが、

住民税は申告しないといけない、でも住民税を申告すると、

ふるさと納税ワンストップ特例制度 が無効になってしまう、

など複雑に条件が絡みあい(笑)、

すべてを丸く収めるためには

確定申告する必要が出てきたのです。

 

でも、その結果(ついでに)

配当控除 も申請することにしました。

(係員に「配当控除も受けれるよ!」と教えてもらった)

これで、来年からも 配当控除 の申請は

自分でできるようになったので

ホントによかった。

 

確定申告期間は2月16日からなので

提出に向け書類を揃えて待機中です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「なんだかよくわからないなぁ」

「メンドくさいなぁ」

ということは、いざやってみたり

勉強してみたりすると、意外と克服できますね。

その出だしはやはりプロの方に

指導してもらうのが一番だなぁと感じました。

(相談へ行ってよかった)